FC加盟金について

フランチャイズの加盟金とは

フランチャイズの加盟金とは、一般的には『加盟金、加盟契約金、加盟権利金』と呼ばれるものに当たります。

 

では、加盟金は何のために払うのか、つまり何の対価になるのかと言うと、一般的にはフランチャイズ本部と加盟店希望者が契約した際に、加盟者が本部に支払う費用とことをいいます。

商標登録マークや看板のれん、本部が蓄えているノウハウの使用許諾の際には対価を支払う必要があり、それを加盟金として徴収するフランチャイズ本部が多いようです。

その他にも立地調査料や研修指導料、宣伝企画料などが含まれることもあり、加盟金はいくつかの性質をあわせ持っていると考えられます。

尚、加盟金は一般的には契約解除時に返金されるケースはほとんどありません。

 

フランチャイズの保証金とは

フランチャイズの保証金とは、フランチャイザー(本部)に対して、フランチャイジー(加盟店)が商品等の仕入れ債務やロイヤリティの支払い等の担保のため、本部に預ける預託金のことを指します。

加盟金と同じく契約時に支払いますが、加盟金は戻ることは基本ありませんが、保証金は契約が終了すると同時に返還されます。

しかし、フランチャイザー(加盟店)に未払いの債務等がある場合にはそれを差し引いた額が返還の対象となっています。

ただし、保証金はすべてのフランチャイズ契約において必ずしもかかる費用ではありません。

最近は加盟店の負担を考えて、この保証金を取らない本部も増えてきてます。

業種によって違ってくるので  自分の加盟したいフランチャイズ本部がどのようになっているのか、また同業種の他のフランチャイズ本部はどうなっているのかを確認しながら検討していくのがベストな方法だと言えます。

 

フランチャイズのロイヤリティとは

フランチャイズのロイヤリティーとは、フランチャイザー(本部)のノウハウ、ブランド名を利用する代価としてフランチャイジー(加盟店)が本部に対して支払うお金のことを指します。

誰もが知っているようなブランドの看板をつけたお店と、何も知名度が無いお店とでは、当然集客数も売上も変わってきます。

 

看板をつけた事による売上効果を、売上の数パーセントを支払う、または、本部の取り決めた一定金額を支払うという事によって、フランチャイズ本部に還元する仕組みが、ロイヤリティというものになります。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズシステムとは、フランチャイザー(本部)が、事業拡大をおこなっていく際に使う1つの経営戦略です。

本部は自分達の看板、ブランド名で出店をしたいと希望する新しいオーナーを迎え入れ、短期間で成果の出る店を作っていきます。

 

本部には自分達がそれまでに作り上げた、成功店を基にした『1つの成功パッケージ』を持っており、そのノウハウを『1つの商品』として加盟店に教授していきます。

 

仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素をパッケージ化した本部のこのノウハウは、それまでに商売を経験したことのない方には、大変貴重なものになります。

本部の実際の経験によって培われたこのノウハウによって、素人でもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組み、それがフランチャイズです。

それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを、加盟金、保証金、ロイヤリティというものと引き換えに手に入れることができます。

 

フランチャイズは本部が効率的に店舗を拡大する為のひとつの経営戦略です。

フランチャイズ加盟でのスタートの場合、成功事例のあるビジネスを行えるため、その成功率は独自に1から試行錯誤しながらスタートするよりも高いものになります。

開業後5年経過時の存続率は、通常の独立では約3割くらい。  かたや、フランチャイズの場合は7割前後と言われていますので、その成功確率には倍以上の開きがあります。

また、本部が試行錯誤と苦労を重ねながら、積み上げた成功モデルをパッケージとしている為、通常の新規事業に比べると、収益予測が立てやすいという特徴もあります。

これによるメリットは様々で、特に銀行などの金融機関からの融資も、格段に受けやすくなるプラスもあります。

フランチャイズに加盟するということは、独自で開業するよりも、格段に成功率が高まるものだと言えます。