FCは低コスト店がお勧め!

実際にフランチャイズシステムを利用して独立を考え始めると、まず皆さんがされることは、各FC本部に対しての資料請求をすることが上げられます。

どのFC本部も基本的には迅速な対応で参考資料を送ってきてくれますが、その後の対応においては積極的だったり、資料を送ってきて終わりだったりと、各企業においてまちまちです。

届いたその資料を見比べていると、そこには加盟金の違い、保証金の有無、ロイヤリティの差、または有無など、その形態、本部の考え方によって様々なパターンがあることが分かります。

中には驚く程の安い金額で開業出来るものがあったり、また逆にびっくりするような高額なものもあったりします。

だいたいの業界的な流れてとしましては、比較的名前が知れているブランド店などは、その初期投資費用は割高な傾向があります。

一方、初めてフランチャイズ展開に着手した所や、事業規模がそれほどでもない本部は、そういう大手に比べればその初期投資費用は格段に低い傾向があります。

基本的な考え方として、投下資本利益率(ROI)から考えると、最初の出店にかかる費用は出来る限り抑えた方がよいことになります。

従って、よりリスクを避けることを考えてフランチャイズ加盟を考えると、その対象として相応しいのは、出来る限り初期投資が低い、低資金で開業できるFC本部と契約するのがお薦めです。

また、開業前だけでは無く、開業後にも利益を大きく左右するロイヤリティの問題もありますので、その点も含めて考えると、その本部選びはかなり慎重にやっていく必要があります。

ロイヤリティとは加盟店側が業績の一部をFC本部に支払う費用のことを言います。

FC本部で設定されたロイヤリティの比率により「開業後のFCビジネスの将来が決まる」といっても過言ではない程に大切なものですので、ここは安易に妥協せず、自分の考えに沿っているか、受け入れられるかを慎重に考え、後で後悔しなくて済むような選択をしていく必要があります。

ロイヤリティはFC本部によってもかなりの上下があります。

また、業態、本部によっては、ロイヤリティそのものが無い所もありますので、多くのフランチャイズ本部の資料を見比べて、トータルに考えて加盟店選びをしていって欲しいと思います。